記事一覧

一生付き合っていくものと思った時計が、今では少しだけリセール可能な資産のように見えてきた。

まあ、多少は気になる。なぜなら結果として、中古市場での価格が無視できないものになったからだ。この時計を買ったとき、実はショパールのミッレ ミリアを下取りに出していたので、自己負担額は6500ドルだった。そうこうしているうちに、私の新しいロレックスの価値は2倍以上になっていた。これはとんでもない数字だ。

 一生付き合っていくものと思った時計が、今では少しだけリセール可能な資産のように見えてきた。この時計の価値を流動化させれば、私の銀行口座がどれだけ潤うかを考えた。あるいは、この時計をトレードして、2〜3本のコレクションを購入することも考えた。ヴィンテージ時計はどうだ? 一時は手が届かないと思っていたものが、今では手の届くところにある。

 私は再び時計コンテンツを漁り、HODINKEEを読み、次の購入を夢見るようになった。バットマンを身に着ける機会も減った。高価なものを身に着けて歩くのは違和感があったのだ。でも、売ろうと思うたびに、この時計を見て、父と一緒に買ったときのことを思い出した。それに加えて私は今でもこの時計を、そのほとんど全てを、愛していた。

图片描述

そもそもこの時計に惹かれたのは、ブルー/ブラックの配色だった。私はロレックスのサブマリーナーに情熱を持っているが、この時計は私の好みの進化を表していた。慣れ親しんだものでありながら、少し主張のあるものだった。ペプシGMTは以前から好きだったが、赤と青の組み合わせは私にはちょっと派手すぎるように感じていた。

 また、現代のロレックスのラインナップの中で、GMTマスター IIがどのような存在であるかを、私はとてもよく理解していた。マキシケースを最初に採用したロレックスであり、セラミックベゼルを初めて採用した、ロレックスのテストケースのようなモデルなのだ。その結果、GMTマスター IIは、時代を超えて愛される主力モデルから、ロレックスの中で最も(一番でないにしても)近代的なモデルのひとつとなったのだ。

 ブルーとブラックのベゼルで、ロレックスは事実上、真新しい時計を作ったのである。噂では、この色は意図的なものではなく、実験的なものだったという。時計の世界では、多色のセラミックを作るのは難しいというのが定説になっている。今回のケースでは、赤を作るのは不可能で、赤と青の2色を作るのはさらに難しいと言われていた。ロレックスにはできなかったのだ、少なくとも当時は。

图片描述

その結果、116710BLNRのブルー/ブラックという、ペプシよりも理にかなったカラーリングが誕生した。ベゼルの青い部分は昼間(青空)を、黒い部分は夜(夜空)を表している。私は意味のあるものが好きなのだ。

 非常に快適なオイスターブレスレット(ポリッシュ仕上げのセンターリンクも年々気に入ってきている)を含めたこれらの要素全てが、目にする金額にも関わらず、この時計を手放さなかった理由を思い出させてくれた。