記事一覧

スタジオジブリと“セイコー プレザージュ”のコラボ第2弾! 天空の城ラピュタの世界観を表現したモデルとは

日本の美意識を体現するウオッチブランド、“SEIKO PRESAGE(セイコー プレザージュ)”から、人気のスタジオジブリ作品“天空の城ラピュタ”にインスピレーションを受けた、数量限定モデルが登場する。

プレザージュとスタジオジブリに共通する、“想いの継承をコンセプトにした特別なデザイン

图片描述

プレザージュとスタジオジブリが大切にしている、“日本の真摯なモノ作り”という思想に基づき実現したコラボレーションで、今回で第2弾となる。第1弾に関してはこちらの記事を見てみてほしい。

 天空の城ラピュタはパズーが父の夢を受け継ぎ、シータと共に天空の城ラピュタを目指す、壮大なスケールの冒険ファンタジー作品。またプレザージュは100有余年わたるセイコーの時計作りの歴史とノウハウを受け継ぎ、伝統とテクノロジーを融合した幅広い商品をラインナップする、メイド・イン・ジャパンのウオッチブランドだ。

 本作はこの両者に共通する“想いの継承”をコンセプトに、作品の描写から着想を得て、時を超えて愛される道具の姿を表現している。


作品のノスタルジックな世界観を随所に表現したデザイン

图片描述

シータがペンダントとして身につけている飛行石の紋章を、文字盤の6時位置に配置。また、リューズにはガラスを用いて、飛行石を再現した。

 裏ブタには、パズーの父が天空の城を発見した際の撮影写真が描かれ、裏ブタの金属部分には物語のなかで重要な役割を持つ呪文、“リーテ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール”(ラピュタの言葉で『我を助けよ、光よよみがえれ』)が記されている。

 時計塔を思わせる、ローマ数字のインデックスと柔らかなダイアルカラー、レトロな表情のブレゲ針を組み合わせで懐かしさを表現するとともに、ステッチを施した厚めのコードバンベルトによりノスタルジックな雰囲気が一層際立つ。なおベルトの裏には、ラピュタにある石碑の模様をあしらっている。

 また内面無反射コーティングを施した、デュアルカーブサファイアガラスを風防に採用しているため、どの角度から見ても歪みの少ない、優れた判読性を実現。

 ムーヴメントにはセイコーの高性能メカニカルムーヴメント、キャリバー6R35がもつスペックはそのままに、カレンダー機能を廃した新キャリバー“6R31”を搭載。

 カレンダーがないことで文字盤がシンプルな印象になり、ノスタルジックなラピュタの世界観を一層引き立てる。およそ70時間のパワーリザーブを有するため、週末に着用せずとも、翌月曜日にそのまま使用可能な実用性を備えている。

图片描述

ラピュタが箔押しで表現されたスペシャルボックスのほか、宮崎駿監督からのメッセージ、“時間にしばられずに生きましょう”が表記されたカードが付属する。

SEIKO PRESAGE(セイコー プレザージュ)
スタジオジブリ 天空の城ラピュタ コラボレーション限定モデル

图片描述

■Ref.SARX087。SS(40.5mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.6R31)。世界限定1200本。16万5000円(2021年7月23日(金)発売予定)

【スタジオジブリとは】
高畑勲、宮崎駿両監督のアニメーション映画制作を目的として、株式会社徳間書店の子会社として1985年6月に活動開始。その創造的で独自の世界観、独特のビジュアルと物語性で、世界中のアニメーションファンから支持を得ている。その代表作品のひとつが1986年に公開されたスタジオジブリ初の長編アニメーション作品、“天空の城ラピュタ”だ。ノスタルジックな世界観、多様な機械が登場することにより感じられるロマン、主人公・パズーと空から降ってきた少女・シータが織りなす魅力的なストーリー展開は、公開から35年たったいまも世界中で愛されている。