記事一覧

グランドセイコーはこの展示会で、より高級で装飾性の高いCal.9R02と

私が初めて手巻きスプリングドライブムーブメントを手に取ったのは、2019年の(今は亡き)バーゼルワールドであった。グランドセイコーはこの展示会で、より高級で装飾性の高いCal.9R02と、より繊細で手頃なCal.9R31というふたつの新しいスプリングドライブムーブメントをデビューさせた。どちらも手巻きで、わずかではあるが重要な違いを持つアーキテクチャを採用しているが、それについてはこの記事で詳しく説明している。

グランドセイコー 偽物マスターショップ限定モデル 9Rスプリングドライブ 手巻きSBGY007

スプリングドライブモデルが生まれる信州 時の匠工房にほど近い諏訪湖で、真冬に全面結氷した時に起きる神秘的な自然現象「御神渡り(おみわたり)」をイメージしたダイヤルのモデルです。ムーブメントは信州 時の匠工房で作られ、約72時間の持続時間を持つ手巻スプリングドライブキャリバー「9R31」を搭載。薄く長い2本の動力ぜんまいを並列に重ねるデュアル・スプリング・バレルを採用しています。また、ヘアライン仕上げの美しいムーブメントの外観も特徴です。

外装 : ステンレス 裏ぶた:ステンレスとサファイアガラス
ガラス材質 : デュアルカーブサファイア
コーティング : 内面無反射コーティング
ケースサイズ : 横 38.5mm × 厚さ 10.2mm
バンド材質 : クロコダイル
中留 : ワンプッシュ三つ折れ方式

これら2種類のムーブメントは、2019年の発売時、計4モデルに搭載された。Cal.9R02は、手打ち加工のプラチナケースを備え、7万ドル以上(税抜800万円)という目を見張るような価格設定のSBGZ001と、通常のプラチナケースのSBGZ003(希望小売価格はわずか税込660万円!)に搭載された。Cal.9R31は、18KYGのSBGY002(税込308万円)に搭載され、それほど精巧ではないが、それでも貴重な存在である。スーパーコピー時計そして、極めつけはSSのSBGY003で、価格は7600ドル(税込91万8000円)と、この日発表されたほかのモデルと比べると小銭に過ぎないほどの価格設定であった。

グランドセイコーコピー 9Fクオーツ 60周年記念限定モデル SBGP015

サイズ メンズ
ケース径 40 mm
ムーブメント
キャリバー クォーツ
cal.9F85
防水性能 200m防水
風防 サファイアクリスタル風防
仕様 日付表示
3針
付属品 メーカー純正BOXあり
国際保証書あり
ケース素材 ステンレススチール
ベゼル素材 セラミック
ベルト素材 ステンレススチール
ベルトタイプ
ブレス ベルトサイズ計り方
文字盤カラー ブルー

あの日、スイスでSBGY003を手にしたとき、私は運命的なものを感じたのを覚えている。ダイヤル上のパワーリザーブの突起は、皮膚科学的な判断から日本の時計職人の手によって取り除かれ、ムーブメントの裏側に配置されていた。スプリングドライブムーブメントはサファイアの裏蓋から眺めることができ、手巻きであるため、ハイブリッド構造を探る上で私のルーペを阻むローターもない。SBGY003は、38.5mm×10.2mmの薄型で、スプリングドライブを搭載した時計としては小ぶりなケースである。

しかし、その日、そして今も私の心を捉えて離さないのは、Cal.9R31を巻き上げる感触だ。リューズをつまんで回すと、中央の秒針がすっと動き出すという単純な直感的効果は、何年も下戸だった私が初めて日本の最高級ウィスキー(響)を口にしたときのような、まさに陶酔的な体験だった(いや、本当にいい思い出をありがとう、Old Crowよ)。

従来の機械式時計に見られる、時に痙攣したようなスタッカートの鼓動とは対照的な、シームレスな動きに息を飲んだ。正直なところ、その日のうちに私物の時計を腕に戻したくなくなってしまった。