記事一覧

フォルティス マリンマスター、40mmと44mmで展開される新たなツールウォッチコレクション

今までのフォルティスとはひと味もふた味も違う。

フォルティスは、アビアティス(空)、アクアティス(海)、そしてコスモノーティス(宇宙)というみっつの柱で堅牢なツールウォッチを提供する時計ブランドです。オーナーがユップ・フィリップ氏に代わってからは、コレクションの再構築に取り組んでおり、ここ数年でアビアティス・コレクションのフリーガーやコスモノーティス・コレクションのアマディ18の後継機となるアマディ20などをリリース。そして、今年フォルティスは、アクアティス・コレクションのマリンマスターをアップデートしました。

マリンマスターの名は、同社の1940年代の時計にルーツがあります。当時は明確にこれというモデルはなく、防水性能を備えた時計であることを示す際にこの呼称が使用されていました。その後は同名を冠した腕時計がいくつも発表されていますが、それぞれの年代によってスタイルは異なり、それは現在カタログに掲載されているマリンマスター クロノグラフからもおわかりいただけると思います。

今年刷新されたマリンマスターは、自然をイメージし、釣り、ウィンドサーフィン、ハイキング、キャンプなど、あらゆるアウトドアシーンで機能するよう設計されています。デザインも非常に現代的になりました。

さまざまなアウトドアアクティビティで使用されることを目的としたマリンマスターの防水性能は、M-40が30気圧、M-44は50気圧です。どちらもダイビングの使用に問題ないスペックを備えていますが、ダイバーズウォッチのISO規格には通されていません。フォルティスも、ダイバーズウォッチではない(THIS IS NOT A DIVING WATCH)と名言しています。

そのため本機には、アウトドアシーンでの使いやすさにこだわった同社独自のギアベゼル™と呼ばれるグリップ力の高い回転ベゼルが採用されています。M-44では、さらに10時位置のリューズで回転をロックすることができるフォルティス・ロックシステム(特許出願中)を装備。リューズを操作することでベゼルを内部でロックする仕組みで、ケース自体には穴があけられていないため水中でも操作することが可能です。

内部のムーブメントは、M-40がセリタSW200-1をベースにしたUW-30パフォーマンスを搭載。最大38時間のパワーリザーブと耐磁性のグリュシデュール製テンプが備えられています。M-44にはセリタ社製のWERK11を搭載。C.O.S.C.認定クロノメーターを取得しており、70時間のパワーリザーブを誇ります。

 M-40はロックストーン・グレーとスノー・ホワイトが発売中で、セレニティ・ブルーとウッドペッカー・グリーンが2022年3月から発売予定、価格はラバーストラップが33万円、ブレスレット38万5000円。M-44は2022年1月から発売予定で、ラバーストラップが49万5000円、ブレスレットが55万円(すべて税込)。

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー