記事一覧

2022年の新作時計を占うヒントになる「最新トレンド」を深掘り

2022年がスタートし、早いもので1ヶ月が経とうとしている。スーパーコピー 優良サイトすでに一部ブランドからは今年の新作が発表されているほか、ネット上ではどんなニューモデルが登場するのか噂話が散見される。そこで、昨年時計界を席巻したいくつかのトレンドを見直し、各々を代表する人気時計について振り返ることで、新作の予想に役立てていただきたい。きっと紹介するトレンドに沿った魅力的なウオッチが誕生することだろう。<2022年トレンド1> ケースの小型化の定番3針スポーツウオッチ「エクスプローラー」が、先祖返りしてケースサイズを3mm縮小したことが話題となった。では、「ビッグ・パイロット・ウォッチ」が、現行の46.2mm径ケース(オリジナルは55mm径)に対して日常使用に便利な43mm径の新しいバリエーションが生まれた。ロレックス「オイスター パーペチュアル エクスプローラー」Ref.124270 79万3100円1953年、その名もエクスプローラー(探検家)向けのモデルとしてデビュー。以来、基本デザインを変えずに進化を続けてきた。2022年に39mmケースへと大型化されるまで36mm径を守り続けていたが、2022年に原点回帰するように3mmサイズダウンされた。歴代初のイエローロレゾールモデル(オイスタースチールと18Kイエローゴールドのコンビネーションモデル)もラインナップに加わった。スペック:自動巻き(自社製Cal.3230)、毎時2万8800振動、約70時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース&ブレスレット。直径36mm。100m防水。カレンダー表示をあえて排したピュアなデザインが、エクスプローラーの魅力のひとつオイスタースチール+18ctイエローゴールドの素材から外装が構成されているRef.124273ポリッシュ仕上げのプレーンベゼル、トゥインロック(二重密閉構造)で防水性を高めたスクリュー式リューズ、3列リンクのオイスターブレスレットの中コマに、それぞれ18ctイエローゴールドが使われている暗所で青白く光る蓄光のクロマライト ディスプレイ。従来のルミノバよりも断然明るく、発光持続時間も長い<2022年トレンド2> 手巻きムーブメントクロノグラフを中心に、手巻きの時計が増加傾向にある。は1940年代のクラシカルなクロノグラフをモチーフとするプレミエ向けとして、手巻きの自社キャリバーを新たに開発。自動巻きモデルとは異なりローターがないため、シースルーバックから眺めるメカニズムも壮大なものだ。ブライトリング「プレミエ B09 クロノグラフ 40」Ref.AB0930D31L1P1 94万6000円ブライトリングのクロノグラフとしてはやや小振りに感じる40mm径ケースに、自社開発・製造のキャリバー01をベースとする手巻き式、「キャリバーB09」を搭載。ユニークな色合いのピスタチオグリーンダイアルに、サーキュラー加工がされた30分積算計(3時位置)とスモールセコンド(9時位置)の2カウンターを配する。スペック:手巻き(自社製Cal.B09)、毎時2万8800振動、約70時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(シースルーバック)、ドーム型両面無反射コーティング済みサファイアクリスタル風防、アリゲーターストラップ。直径40mm(厚さ13.0mm)。100m防水。
ロレックスサブマリーナ114060カテゴリー ロレックス サブマリーナ(新品)

ロレックスサブマリーナ114060カテゴリー ロレックス サブマリーナ(新品

型番 114060
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
タイプ メンズ
文字盤色 ブラック
外装特徴 回転ベゼル
ケースサイズ 40.0mm
付属品 内外箱
ギャランティー

&




セール新作 ウブロ ビッグバン スーパーコピー ウニコ チタニウム パヴェ huy53993

ウブロ ビッグバン スーパーコピー ウニコ チタニウム パヴェ
機械:自動巻き
材質名:チタン
ブレス・ストラップ
宝石:ダイヤモンド
タイプ:メンズ
文字盤特徴:アラビア スケルトン
外装特徴:シースルーバック
ケースサイズ:44.0mm
防水性能【公称】:10気圧
機能:デイト表示
フライバッククロノグラフ
付属品 :内箱/外箱


※カラー:写真どおり
※レベル: 1対1(N級品)
※付属品:保存袋
※このコーナーの商品は全て実物撮影です。
※写真を見れば分かる高品質!
※それに実物は写真よりよほどいい!
※手頃の価値でいい商品が手に入れる!!

コメント一覧